負けてたまるか。

脳トレ、プログラミング、PHP、WEB製作などのメモ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Edit

文字列を整数の値に変換します。

 

■文字列ダイアログに入力された文字列を整数値に変換するコード

<script type="text/javascript">

<!--


x = prompt("数値(0~9)を入力してください","");

//文字列ダイアログに文字列(0~9)の入力を求めます

parseInt(x);

//promptに入力されるのは文字列なので、それを数値に変換します


kotae = x * 2;

window.alert("x * 2 = " + kotae);

//数値に変換したので、計算できるようになります


// -->

</script>

WS000000
*サンプルの実行画面

関連タグ  
parseFloat("文字列") 文字列を小数の値に変換します
スポンサーサイト
2326801_2027f38bd3

変数を宣言するには「var」を使います。通常変数はグローバル変数となりますが、関数のパラメーターや関数内で「var」を使うとその関数内だけで有効になるローカル変数となます。ローカル変数はグローバル変数と名前が同じであっても区別されます。

a=10;
var b=10;
var c=10;
func(10);

function func(a)
{
   var b=100;
   b=b-a;
c=b;
}
aはグローバル変数
bもグローバル変数
cもグローバル変数


aはローカル変数

bもローカル変数。グローバル変数のbとは区別される

cはグローバル変数なのでcの値はローカル変数bの値が代入される

7070658_63b8576c57

与えれば与えるほど幸福は増す。
与える人は限りなく得をする。
明るい心で与えることは幸福への第一歩。
良い人間関係は与えることから始まる。

物惜しみはあの世までの人を不幸にする病
与える人は明るい。
外交的。
人生で得をする、。
物惜しみは心が内向的。
誰も付き合わない。

あらゆる人とのつながりを持っていれば、生きることが楽になる。
与えれば与えるほど受け取ることができる。
与えると、幸せな気分を手に入れることができる。
人との関係が良くなる。

何をどう与えればいいのか?
「この人は今なにを考えているのだろう」。相手の心に目を向ける。
自分が我慢することなく、相手に何かをしてあげる。
与えることはとても難しい。

何を与えるか?愛・物・言葉・時間・お金・・・私たちは与えることができるものをたくさん持っている。

相手が喜ぶもの、相手が嬉しいもの、相手の為になるものを与える
与えることができると、心がオープンになってその分、色々なものを受け取ることができる。

賢者は惜しみなく与え、愚者は与えることを嫌悪する。

あなたが与えるサービスの量と質=あなたが受け取る報酬額
『ユダヤ人大富豪の教え』

真に成功するには、あらゆる変化を受け止めること
『パフォーマンス・マネジメント』

今までの習慣から抜け出すのは本当に難しい。例えば、受け取ってばかりの習慣を、相手に惜しみなく与える習慣に変化させようと思ったとする。でも、受け取る習慣というのは既に体に染み付いている。だから並大抵のことではその習慣を断ち切ることはできないだろう。それがどんなに自分にとってメリットがあると解っていても、今までの習慣を変えてたまるもんか、と体が拒否反応を起こすのだ。

賢者になりたいなら、相手に惜しみなく与えなさい。今までの悪い習慣を変えられるような、変化を受け止めることのできる人間になりなさい。

WS000000

 

ファイル名を指定して実行 田 + R
デスクトップ検索 田 + F

 

「ファイル名を指定して実行」で使用できるコマンド

 

WS000003

 

コマンド 対応プログラム
cmd コマンドプロンプト
calc 電卓
notepad メモ帳
dxdiag DirectX診断ツール
| ホーム |

カレンダー

02 | 2008/03 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

タグリスト

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。