負けてたまるか。

脳トレ、プログラミング、PHP、WEB製作などのメモ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Edit
イメトレ(もしくは色を意識)ってのはちょっと抽象的すぎてやり辛いので、
「イメトレ(もしくは色を意識)」 → 「形をイメージ」 に変更します。

たぶんねーイメトレみたいに色々な物をたくさんイメージしていくよりも、
同じイメージを保持しようとする方が難しいし、効果ありそうなのでこちらの方法にします。

参考ページ
超能力発揮のためのイメージ法 ←の4章を参考。
スポンサーサイト
3時間に1回4・5時間に1回は色ついたイメージ見えるようになったけど、
0.5秒くらいしか見えないし、色も薄いしそろそろ微妙なので、
今までの方法を少しミックスして瞑想してみます。

目を上にやりながらイメトレ(もしくは色を意識)する!
・・・こんだけなんだけどね。。orz

うん、やっぱね、映像記憶に少しでも近づこうとするなら、
やっぱり映像を意識するようにしなきゃ駄目だろ。
って思っただけ。
瞑想調子いい感じ。
イメージが現れる周期が今までは、一週間に1回あるかないかだったのが
最近は3日連続くらいでイメージが現れるようになった。

やはり目を上に向けるのが効果大?
----------------------------

本読んで解ったが布石だけじゃなく、定石も酷かった。。。。。
大竹加藤さんの『パワーアップ定石・序盤』読んでるが、
出る問題ほぼ全て不正解www

うーむ我ながら悪力すぎるな。。
ていうかどう考えても詰碁や手筋より、「布石」や「定石」のが難しいんだが。
みんな良く間違えずに打ててるよな~ホント。
----------------------------

速読掲示板に「緊張は一時的に脳が活性化するが、長期的には伸び悩む・・・」
と書いてあったが、これ超同意。

瞑想始める前の俺はあきらかに自分にかなりプレッシャーかけて脳トレやってたが、
あまり成績伸びなかったし。
何より脳トレが辛かったし、楽しくなかった。
(今もプレッシャーかけてる方だけど、以前に比べてかなり楽になった)

ていうか自己啓発とかそういう関連の本読めばわかると思うが、
成功者は楽観的、つまりプラス思考の人間が多い。

これは能力の伸びや勉強、技術の習得にもプラス思考が大きく影響しているためだと個人的には思っている。

んだから、別に能力だけの分野じゃなくて、成功したければプラス思考になったほうがいいだろう。
目を上に向けた方があきらかに見やすいぞ・・・・・。
眠くなっていない状態なのになんとなく知覚できるくらい容易にイメージできる。

ていうか盲点だったな。
目を上に向けて~ってどこの脳トレのサイトにも書いてないもんなあ。
なんでもやってみるもんだな。

まあこれも最初だけ調子がいいだけかもしれんから、とりあえず続けてみて確かめよう。
----------------------

Amazonの評価は☆3つと低いが、
『アマのまける手・負けない手 黒番編』が意外と掘り出し物だった。

色々な序盤の変化や、その定石のリスク(危険度)が細かく載っている。
Aの変化は10点・危険度3、Bは4点・危険度1、Cは…てな感じで。

これを全部覚えれば布石はkgs7dレベルは得られる気がする。
ていうかまだ1章の途中しか読んでないがめちゃめちゃ参考になってる。

俺は危険度の多い変化を選ぶ傾向があるということもわかった。
そんで自滅すると・・・。
布石と並んで読みを鍛えなきゃ駄目だな。
心の中で声出してやる方法は以外に効果なさそうだ。
ていうかやっぱ、
1・額に集中
2・残像を残すようにイメージ

これでやってみるわ。

追記:額に集中っていうか、目を意識的に目の上の方に引き上げる感じでやるわ
とりあえず囲碁の本を一気に11冊も買った。
ジャンル別に分けると、以下のような感じ

手筋3
詰碁2
定石2
布石1
中盤1
形1
次の一手1

これで俺が持ってる囲碁の本は計23冊。
今回は布石関係の本を重点的に買おうと思っていたが、、また手筋と詰碁に偏ってる。。。

『形が良くなる18のヒント』が何気にイイ!
中級向けの本と表紙に書いてあるがとんでもない。

2 せまいところを裂く
3 サバキか戦いか
5 川は流れる
6 悪手の定義

などの明らか章はあきらかに有段向け。
(ていうかコレ知らないのに俺よく3dで打ててるな・・・・・。)

それと、手筋・詰碁本を4冊全部やり終えて、
「足りないのは布石力だけかと思ってたが、力も足りないんじゃないかなあ。」
ってことに気づいた。

石博都郎著の『必殺の詰碁』の中に段級位テストみたいなのあるんだが、
119問中81問しか正解できなかった。
一応四段以上だったけど。
俺の長所は詰碁だけなのにこれはないわな。
初見でも全問正解しておきたかった・・。

布石もダメで詰碁も駄目じゃあスランプにもなるわな。。。
うーんコレ全部読んだらサバキと模様と布石の本買おうかな~。
弱点は補強しないとな~。
------------------------------

瞑想は微妙に見えたり見えなかったり。
なんていうの。

寒くて集中できないんだよねw
言い訳とかじゃなくてまじで。
部屋に暖房器具ないからホント手がかじかむんだよね。

あー早く春になってくれ~~~~~~。
さっそく効果が薄れてきたぞ・・・。
うーんなんていうか。
自律訓練法みたいに心の中で声を出しながらやってみるか。
青い光に集中してるだけだと、どうしても注意がそれちゃうんだよね。
-------------------------

↓のをやってみよっと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2、五感を使用する訓練を行う。
自律訓練法を行った後にやってみよう(自律訓練法をマスターしていることが条件)。方法は自律訓練法とほとんど同じ。
1、視覚
「色が見えてくる。」と自己暗示し、自然色が自然に現れてくるようにする。自然色が見えるようになったら、虹の七色の中からどれでも良いので指定し、その色が見えるようにする。それにも慣れたら、風景を見えるようにする。
2、聴覚
「~が聞こえる。」と自己暗示し、小鳥のさえずりなどをイメージする。
3、触覚
「砂がざらざらする、アイスがひんやり冷たい」のような感じで触覚をイメージする。
4、味覚
「~が甘い、~が苦い」等の様に味覚をイメージする。
5、嗅覚
「煙草の匂いがする」等の様に嗅覚をイメージする。

全てに言えることだが、簡単なものから段階を踏んだ方が良い。

3、常にイメージ化を心掛ける。
そのままだが、何か考えるときは出来る限りイメージ化して考えたほうが良い。

とりあえず、自律訓練法から始めればイメージ化がスムーズに出来る様になる。

右脳を鍛えるのならば、自律訓練法を習得して、常に物事を言語化せずにイメージ化することが大事。すると、本をちらっとみただけでそのページが頭の中に鮮明に焼きつく様になる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんか普通にオレンジカード系の瞑想のが調子いいんですけど・・。
イメトレより集中するからあんま長続きしないけど。
いや、これも調子がいいのは最初だけってことも・・・・・。
囲碁は駄目だこりゃ。
布石の段階でオワな件。
たぶん力では互角には渡りあえる気がするが・・・・・・。
布石の問題集かなんかを買うまでは対局は避けよう。。。。。。
-------------------------

あと瞑想の方も調子悪いのでイメトレ系から青いもやもやに集中するオレンジカード系のに変えます。
| ホーム |

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

タグリスト

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。