負けてたまるか。

脳トレ、プログラミング、PHP、WEB製作などのメモ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Edit
31~40問 
演習をひたすらやり続ければPHPができるようになる・・・かも

(31)変数の参照渡しを使う


$apple = "りんご";
$banana = "バナナ";
$orange = "みかん";

$apple = $banana;
//$appleに「バナナ」を代入
$orange = &$banana;
//参照渡し
//$orange = $banana
$banana = "パイナップル";
//$appleと$orangeの値はどうなる…?

echo '$appleの値: '.$apple ."
";
echo '$orangeの値: '.$orange ." //オレンジの値が \$banana と同じ!
";
echo '$bananaの値: '.$banana;


(32)グローバル宣言や$GLOBALSをつかう


手順
-----------------------------
・変数 a,b を宣言
・関数を作って変数 a,b をくっつける
・関数外で結果を表示
----------------------------
「global宣言」
$a = 12;
$b = 23;
$kekka = 22222;

function kansu(){
global $a,$b,$kekka;
//globalを宣言
$kekka = $a + $b;
}

kansu();
echo $kekka;
//35が表示される


「$GLOBAL変数」
$a = 12;
$b = 23;
$kekka;

function kansu(){
$GLOBALS["kekka"] = $GLOBALS["a"] + $GLOBALS["b"];
}

kansu();
//関数を実行
echo $kekka;
//関数の中はローカルスコープなので、$kekkaには値が入っていない…?


(33)多次元配列の配列情報を表示する


$array[] = array(1,2,3);
$array[] = array(4,5,6);
$array[] = array(7,8,9);
//多次元配列

echo "<pre>";
//<pre>タグで整形
print_r($array);
//配列情報を表示
echo "</pre>";


(34)変数 a に「流行」、変数 b に「流行インフルエンザ」と1行で代入する


$b = ($a = "流行")."インフルエンザ";


(35)三項演算子をつかう


$s = 22;

echo($s === "22") ? "\$sと\"22\"は数字と型が等しい" : "\$sと\"22\"は数字と型が等しくない";


(36)関数に渡された引数の数、指定した引数の値、全ての引数の値をそれぞれ表示する


function kansu(){
echo func_num_args()."
";
//渡された引数
echo func_get_arg(1)."
";
//引数1つ
print_r(func_get_args());
//全ての引数を配列で返す
}

kansu(1,2,3,4,5);

/* 関数
int func_num_args ( void )
//関数に渡された引数の数を返す
mixed func_get_arg ( int $arg_num )
//指定した引数を取得
array func_get_args ( void )
//関数の引数リストを配列で取得
*/


(37)日付が有効かどうか確認し、「am 02時10分43秒」と表示し、日付を連想配列で取得し表示する。



echo checkdate(12,4,2005);
//日付の確認(1と表示される)
echo date("a H時i分s秒");
//am 02時10分43秒と表示
$date = getdate();
//日付・時刻を連想配列で取得
echo "
";print_r($date);echo "
";

/* 関数
bool checkdate( int month, int day, int year )
//グレゴリオ歴の日付/時刻の妥当性を確認します
string date ( string $format [, int $timestamp ] )
//ローカルの日付/時刻を書式化する
format … 出力される日付文字列の書式
timestamp … Unix タイムスタンプ?
array getdate ([ int $timestamp=time() ] )
//日付/時刻情報を取得する
*/


(38)現在の時刻を配列で連想配列を取得し、floatの数値を返す



echo "
"; print_r(gettimeofday()); echo "
";
//現在の時刻の連想配列
echo gettimeofday(TRUE);
//float値
/* 関数
mixed gettimeofday( [ bool return_float ] )
//現在の時刻を連想配列で得る
return_float … TRUE を指定すると float の数値を返す
*/


(39)-+100~-+999までの数字を5列3行に整形して表示する。


$i=0;

while($i<3){
$n=0;
while($n < 5){
//whileの中にwhile
$minus = rand(0,1);
//0か1を代入。これを「-」と「+」に置き換える
if($minus == 0){
$minus = "-";
} else {
$minus = "+";
}

echo $minus;
$random[$i] = rand(100,999)." ";
echo $random[$i];
$n++;
}
echo "
";
$i++;
}


(40)「  布団がふっとんだ  」のバイト数と文字数を求め…



手順
------------------------------------------------------
1.「  布団がふっとんだ  」のバイト数と文字数を求める
2.substr()を使って「ふっとんだ」を取り出す
3.「ふっとんだ」と空白を削除
4.「布」と「団」の間に「でできた」を追加
-------------------------------------------------------
$string = "  布団がふっとんだ  ";

echo strlen($string)."
";
//1(バイト数) … 24バイト
echo mb_strlen($string,"EUC-JP")."
";
//1(文字数) … 12文字

echo substr($string,10,10)."
";
//2(「ふっとんだ」取り出し)

$old = array(" ","がふっとんだ");
//空白に置換するキーワード
$string = str_replace($old,"",$string);
echo $string."
";
//3(「がふっとんだ」と空白を削除) … 「布団」

$string = str_replace("布団","布でできた団",$string);
echo $string."
";
//4(「布」と「団」の間に「でできた」を追加) … 「布でできた団」
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://taro4.blog37.fc2.com/tb.php/216-a74bcd92

| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

タグリスト

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。