負けてたまるか。

脳トレ、プログラミング、PHP、WEB製作などのメモ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Edit
坂田アキラさんの本はやめとこうかな。
今日ちょっと本屋行ってサラっとみてきたけど、わかりやすいか・・?
表紙は萌え系のイラストでわかりやすさをアピールしてるけど。
中身は普通だった。

細野 真宏、馬場 敬之、秋山 仁、松坂 和夫、高橋 一雄あたりかなあ狙いどころは。
類書がいっぱいで迷うけど、ここは馬場 敬之さんの
「スバラシク面白いと評判の初めから始める数学」シリーズにしとこうかなあ。

細野さんのも気になるけど、まずは数学の全体像を把握しないと。

細野さんの本は「確率」とか「微分」とかの部分に特化してる感じだから、
数学の大まかな内容を把握するのには、向いてないと思うんだよね。
いや、内容読んでないからわからんけどね。

松坂 和夫さんの本は1冊2700円と他の類書に比べて高いから
お 断 り し ま す。


秋山 仁さんの本はどうだろう?
数学のコツを掴むために、「秋山仁のおもしろ数学発想法」を買っておくべきか。


高橋 一雄さんのは正直つまらんかった。
「語りかける中学数学」が。
アマゾンでは評価高いんだけどね。
考え方っていうより暗記優先なんだよね。この本。
わがままでごめんね('・ω・`)


「数の悪魔」は今日買ってきたけど面白かった。
読み物なので、1時間くらいの短時間で読めるのがよかった。
なんとなく、数学の本質的なこともわかったし。
数学嫌いでも、興味が持てるようになれる。
いい本だった。



まあとりあえず、馬場さんのシリーズでいっときます。
いや、やっぱその前に、別の本屋でどんなのか確認しときます。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://taro4.blog37.fc2.com/tb.php/234-7e6c1e4d

| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

タグリスト

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。